生体運動研究合同班会議 2022開催のご案内


生体運動班会議2022開催のご案内

生体運動研究合同班会議は、1950年代から続く伝統ある会議です。
分子が作り出す様々な運動を中心に、生体における動きについて幅広く扱っています。
本会議では、招待講演も基調講演も無く、学生も含めた全参加者が同じ持ち時間で発表を行い、公平な立場で活発な議論を交わしています。
毎年正月明けに開催し、年の初めに研究者間の交流を通じて研究への意欲を新たにする会として長年続いてきましたが、2021年は残念ながら コロナ事態のため開催できませんでした。
しかし、今年は、緊急事態宣言明けから一ヶ月経ってもコロナ感染再拡大の兆候が見られないことを受けて2022年1月7日から9日にかけて 名古屋大学東山キャンパス野依記念学術交流館2階カンファレンスホールで開催することに決定しました。
また、希望される方は遠隔での発表、参加も可能です。
皆様のご参加を心よりお待ちしています。


生体運動研究合同班会議2022を下記の通り開催いたします。
ご多数の発表ならびにご参加をお願い申し上げます。
2021/12/09 追記
名古屋大学大学院理学研究科との共催になりました。
演題募集締め切りを12/23(木)まで延長します。
2021/12/21 追記
参加登録ですが、発表なしで参加のみの方も「参加登録」のページから登録をお願いします。
オンライン参加のみの方の登録は12/29を締め切りといたします。
当日参加はオンサイト(現地参加)のみ可とさせていただきます。
なお、演題募集の締め切りは12/23です。締め切り間近ですのでお気をつけください。

2021/12/27 追記
演題募集は締め切りました。
プログラムと会場、発表等の参加に関する情報を載せたPDFファイルのリンクをプログラムのページに掲載しましたので、ご覧ください。

 
会 期2022年1月7日(金)〜 9日(日)
会 場 名古屋大学 東山キャンパス 野依記念学術交流館 2階カンファレンスホール
(名古屋市千種区不老町)

生体運動研究合同班会議について

この会議は学問分野横断的,学会横断的,年齢層縦断的 に,1955年ごろから続いている伝統の会議です.日本中の生体運動研究者が年の初めに集い,1会場で3日間にわたって研究交流を行います.形式にとらわれず,実を尊ぶ空気に包まれた会合です.特に,若い研究者(とその卵)たちには,発表と質疑応答への積極的な参加を,そして研究室主宰者の方々には必要に応じて小レビューの発表を期待致します.また,ご退職の方々も年に一度のこの会議に参加され,後進へのご助言をいただければ幸いです.
今回の会議は名古屋大学東山キャンパスの野依記念学術交流館にて開催させていただきます.よりよい会議となりますよう微力ながら務めさせて頂きます.皆様のご参加を心からお待ちしております.

生体運動研究合同班会議2022
世話人 成田哲博・小嶋誠司・本間道夫(名古屋大学・大学院理学研究科)

News

2021.11.17
開催のお知らせを公開しました