日本細菌学会 中部支部

Japanese Society for Bacteriology- Chubu -

 

 

CONVENTION

日本細菌学会中部支部会会則

第1条

本会は日本細菌学会中部支部会といい、事務所を支部長の所属機関におく。

第2条

本会は中部地区における微生物学の進歩向上を図ることを目的とする。

第3条

前条の目的を達成するために次の事業を行う。
 1. 学会、研究会等の開催。
 2. 会員相互の連絡及び親睦。
 3. その他必要事項。

第4条

 本会の会員は普通会員、賛助会員及び名誉会員とする。
2 普通会員は中部地区に在住の日本細菌学会会員及び本会の主旨に賛成し加入した者とする。
3 賛助会員は本会の目的を賛助する個人及び団体とする。
4 名誉会員は本会の発展に寄与した者で、評議員会の推薦に基き支部長が委嘱する。

第5条

本会の会員になろうとする者は入会申込書に所定の事項を記入し、当該年度の会費をそえて事務所に届出るものとする。

第6条

会員は次の各号の一に該当する場合には会員の資格を失う。
 1. 本人より事務所に退会の申し出があったとき。
 2. 会費を滞納したとき。
 3. 死亡したとき。

第7条

本会に次の役員をおく。
 支部長   1名
 学会長   1名
 評議員  若干名

第8条

 支部長は日本細菌学会の中部支部会評議員で、評議員会の推薦により、総会において選任する。
2 評議員は評議員会において推薦された会員の中から支部長が委嘱する。

第9条

 支部長が支部を代表し日本細菌学会との連絡、学会及び研究会の開催その他本会の会務を総轄する。
2 評議員は本会に関する重要な事項を審議する。

第10条

 支部長の任期は3年とし留任することはできない。
2 評議員の任期は1年とし再任を妨げない。

第11条

本会の会議は総会、評議員会とし会議は支部長が招集する。

第12条

 総会は毎年1回以上開催するものとする。
2 総会はこの会則に規定するもののほか事業報告の承認その他支部が付議した事項を議決する。

第13条

 評議員会は年1回以上開催するものとする。
2 評議員会はこの会則に規定するもののほか総会に付議すべき事項について議決する。

第14条

支部長は会務を処理するため幹事をおくことができる。

第15条

 本会の経費は会費、寄付金その他の収入をもってあてる。
2 支部のみの会員は年額1,000円とする。
3 総会の際、参加者から参加費を受けとることができる。

第16条

本会の会計年度は毎年1月1日に始まり12月31日に終る。

第17条

本会則の変更は総会の承認を経なければならない。

第18条

その他必要な事項は支部長が別に定める。
          附    則
本会則は昭和39年4月3日より施行する。
          附    則
本会則は昭和59年11月8日より施行する。

Copyright © Japanese Society for Bacteriology - Chubu - All Rights Reserved.