Colloquim 2018

          
発表者・論文・概要
6月14日 Florencia Mengucci

Kanbe M, et al (2007)
Quelas JI (2016)

Bradyrhizobium diazoefficiens and its two flagellar systems
6月7日 横井 瑞士

Subramanian S, et al (2017)

Motl(DgrA)は枯草菌においてべん毛固定子タンパク質MotAに対して分子クラッチとして機能する

5月31日 藤原 和志

Oyama K, et al (2016)
Egli M (2018)

KaiCの2つのコンフォメーション状態間の変換は、シアノバクテリアの概日振動のトリガーとしてのATP加水分解によって誘導される
5月24日 相良 悠伍

Pourjaberi SNS, et al (2017)

バクテリアべん毛モーターにおけるMotA/B固定子複合体の負荷依存的集合および解離ダイナミクスにおけるMotAの細胞質ループの役割

5月17日 三野 平

Taylor BL (2007)
Garcia D, et al (2016)
Flack CE, et al (2018)

PAS-HAMPシグナル伝達受容体の構造解析
5月10日 平野 圭一

Dietsche T, et al (2016)
Ward E, et al (2018)
Lucas Kuhien, et al (2018)

T3SS構成タンパク質SpaPとそのホモログFliPの構造解析
4月26日 井上 祐菜

Saeidi N, et al (2011)
Hwang IY, et al (2017)
Duan F, et al (2010)

プロバイオティクスを用いた病原応答および予防機構
4月19日 伊村 芳野

Zitvogel L, et al (2018)
Sivan A, et al (2015)
Matson V, et al (2018)

がん免疫療法の効果に対する宿主の腸内細菌叢の影響
4月12日 佐久間 麻由子

Kuzuhara T, et al (2009)
Kowalinski E, et al (2012)
Pflug A, et al (2017)

Cap-dependent endonuclease inhibitor 新規インフルエンザ治療薬
Copyright© Group of Biomembrane Functions. All rights reserved.